業務一覧ページメイン画像

​たとえばこんな時、

ハルに相談してみよう!

行政書士 ハル法務事務所はあなたの「不安」に寄り添います。

行政書士ハル法務事務所ロゴマーク
 

交通事故に遭ったら?

交通事故により怪我をされた被害者の方は、突然のことで保険会社や病院などの対応等初めての事が多いと思います。

また、とりあえず通院はしているが先の見通しが立たない不安は非常に大きなストレスとなります。

私たちはそんな不安を取り除くべく、出来ること、

出来ないことをはっきりとさせた上で見通しを立て、安心して治療に専念していただけるよう都度のアドバイスから適切な専門家の起用等の提案をさせていただきます。「後遺障害が残ると言われたがどうしたらいいか」「自分の場合、事故から最終的な解決までどの様な流れになるのか」などどんなご相談でも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

交通事故マーク

家族信託とは?

高齢者の財産管理(認知症対策、振り込め詐欺対策、空き家対策、障がいを持つ子の親なき後対策など)として家族信託は近年注目を集めています。成年後見人制度と比べ財産の管理等の自由度は高いという特徴があり、有用ではありますが、その分当事者やご家族がしっかりと理解されていなければトラブルの原因となるおそれもあります。当法人はそんな家族信託がどういうものなのか、その仕組みから活用方法を丁寧にご説明させて頂いた上で、お客様一人一人のご希望に沿った信託スキームをご提案いたします。

 

相続について知りたい!

相続対策から相続発生後の各種手続き、遺言、生前贈与、家族信託、任意後見等を利用した財産管理、相続対策のご提案をします。必要に応じて税理士、弁護士、不動産業者等の意見を取り入れ、お客様に対してベストなご提案を検討します。

 

遺言を作成した方がいいの?

遺言作成において大切なことは、自分の亡き後、世話になった人にどのように財産を残すかという最初の思いとともに、どのように分配すれば円満な財産承継ができるだろうかということでしょう。何もしなければ法定相続といい、通常法律で定められたとおりに承継されますが、自分が生涯かけて築いたものは、許される限り自分の思い通りに継がせることがより良い選択ではないかと考えられます。